スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009–06–11 (Thu) 23:01
またひとりで出口のない思いにはまり込んでいる。
皮膚が裂けるほど鞭されたいような、血が吹き出るほど針を刺されたいような気がする。
でも実際には、それを懇願したい気持ちは起こらない。
足腰が弱りきってへたり込むしかない。
そんな状態を冷めて笑うのも楽しくない。
自己韜晦は趣味のひとつといってもいいほどなのに、それすら楽しくないなんて
ほんとうに牢獄だ。
そういうときに、なんとなく会いたくなる人がいる。
一言で言って、卑怯な人だ。
でも、触れ合うと、ひんやりとして甘くて心地いい。
そして、何をするわけでもないのに妙に卑猥だ。
彼の部屋へ行きたい。
でも、以前に一度、しているときに彼女に部屋に乗り込まれかけたことがある。
ふたりがドアの外で言い争っている間、私は裸のままいちおうベランダで息を潜めていた。
裸は気持ちいいと思いながら星を見て待っていた。
でも、今だと、たとえ乗り込まれたとしても、きっと逃げる気が起こらない。
居直り泥棒のように、「疲れたから眠らせてもらいます」と言いたくなるだろう。
あの年上の彼女の前で、無防備にお腹を上にして眠るなんてあまりにも危険だから、
やはり彼の家に行くのはよそう。
というより、彼の部屋まで車を走らせることすらどうかと思う。
それで、久しぶりにブログを書いてみた。
少し楽しくなった。
まだ夜は残っているので、今から色川武夫を読もう。
ピカレスク小説はぜんぜん好きなジャンルではないけれど、本屋に並んでいるのを見て
出来心で買ってしまったので、読むしかない。
つまらなかったら飛ばし読みすればいい。
内容がわからないくらいに飛ばすのもいい。

« クリスマスケーキ | HOME |  羞恥系 »

コメント

初めまして

質問掲示板に書き込みました太湖と申します。
詳細はそちらをご覧ください。

花蓮さん、雨音さんとお二人を名指ししたにもかかわらず
雨音さんの掲示板にしか書き込まないのは片手落ち。
いや実はどこへ書き込むのかわからなくてウロウロしてました。(笑)

お二人に興味を持ったのは、お二人の心の襞の深さ・・・かな。
落差と言い換えてもいいかもしれない。
あっけらかんとSMを楽しんでいる人より、落差のある人がいい。

元々SMの魅力は落差だと思います。
日常と非日常、苦痛と快楽、自由と束縛・・・

また、お邪魔しますが、とりあえずご挨拶まで。

あ、これってコメントになってないか!(笑)

太湖様

先日はご予約下さったのに日程を合わせられず申し訳ありません。
大変強く後ろ髪を引かれる思いでしたが、
会社の接待を急にキャンセルすることはどうしてもできませんでした。
元々、あまり世俗に興味がないため、どこか一箇所でも現実世界と
自分とを繋ぎ留めておく必要があるという思いから、
本位でなくても仕事を優先させるようにしています。

ご指名頂いてとてもうれしかったです。
本当は人見知りする性格なので・・・
押し開いて頂けるのかなという期待で胸が疼きます。
お会いできる日を心待ちにしています。
                       花蓮
              

またの機会に

SMは、無理したり、無理させたりしてするもんじゃない。
過去の経験がそう教えてくれています。
行為はもちろんのこと、逢う時間や場所についてもね。

そして、無理かどうかギリギリのラインを探ることの醍醐味も。(笑)

仕事優先は当たり前、大賛成。
残念でしたが、またの機会に。

お礼

太湖様
昨日は色々と手解き頂きありがとうございました。
身も蓋もないと恥じながら率直に感想を申し上げますと、
吊るした状態でのろうそく責めが、本当に本当に最高でした。
次回はろうそく3本分くらいして頂きたいな・・・と、余韻に浸りながら思っています。
それから、縄化粧が似合うと言ってくださったお言葉を、昨日から時折思い出しては
うれしい気持ちを噛み締めています。
縛られることが何より好きなので、こと更そのお言葉がうれしいのです。
それから少し、冷静に感じたことも申し上げますと、昨日否定されていましたが、
太湖様はやはりとても手先が器用だと思います。
私は、器用で力強い節のある長い指に男性的魅力を強く感じるので、手際よく縛り上げる
指先にも感じ入っていました。
次回はもっとさらに私を巧みに遊んでください。
楽しみにお待ちしております。

追伸:シュークリーム、お見送りしてすぐに(笑)ママと頂きました。
    ごちそうさまでした。
                                        花蓮

こちらこそ

楽しい時間をありがとう。

おしゃべりで時間配分を失敗してしまったけど、殊に初回はその「無駄な時間」こそが大切だと思っています。

> 縛られることが何より好きなので

君に縄を掛けた瞬間にそれは感じたよ。
匂い立つマゾの香りとでも言うのかな。
上手でも、器用でもない私の指が
そんな君に呼応して勝手に動いた。
魅力的な長い睫毛が微かに揺れて、
時折君の瞳がじっと縄化粧の出来映えを観察しているのがわかった。
君の体には表情がある。
だから縄化粧がよく似合う。

蝋燭には、もっと君の体が、心が呼応していた。
自分で体を寄せてきていたからね。(笑)
最初は、いびつに欠けた蝋燭を綺麗に直すことに腐心していたのだけど、
途中からは、そんなことはどうでもよくなって夢中で垂らし続けた。
蝋燭をふっと吹き消したとき、君のため息が聞こえたよ。
もう終わりですかって。
次回はもっと・・・三本で足りるかなあ。(笑)

我が儘さは君の魅力のひとつだからそのままでいい。
意志の強そうな顎のラインが官能に緩むのを見るのはSとしての醍醐味だよ。
今度は“道具”持参で行くからね!

追伸:シュークリーム、ママに取られてしまった。(笑)
   君と食べるつもりだったのに、残念!
   今度は君の体に塗りたくって食べよう!

花蓮さんに捧げる三首

柔肌を 花蓮に染めし蝋の花 赤く染めれば頭真っ白

時間まで 丸ごと二本を使い切り 蝋多くして 益はいかほど?

蝋燭を 吹き消す私の顔見上げ 恨めしそうな君の眼差し

お礼申し上げます

太湖様、先日はたっぷりと蝋を費やして頂きありがとうございました。
労多くして、益は今期最高です☆
来年度もよろしくお願いいたします。 花蓮

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://kareen.blog60.fc2.com/tb.php/29-9ac82dca

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

最新コメント

プロフィール

M女 花蓮(かれん)

Author:M女 花蓮(かれん)
   
名前:花蓮(かれん)
年齢:28歳
職業:学校職員

身長:157cm
体重:43kg

B:82cm バストカップ:B
W:56cm
H:81cm

好きなプレイ:縄、蝋燭、窒息
嫌いなプレイ:バイブでイカされること
☆プレイ詳細☆

可能日:前もっての予約があれば全平日可能
  ↓
月曜日 夜 7時~12時 ok!!
火曜日     :
水曜日     :
木曜日     :
金曜日 夜 7時~12時 ok!!
土曜日   要確認
日曜日   要確認
☆花蓮在籍中☆


カテゴリ

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

現在観覧中

現在の閲覧者数:

RSSリンクの表示

月別アーカイブ

最新記事

アクセス数

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。